チャイニーズ風から揚げ アメリカ人好みの味付けで家族に人気




鶏のから揚げを濃い目に味付けしてアメリカ人好みにしてみました。ブラウンシュガーとニンニクを効かせ、しょうがもたっぷり。白いご飯にも合うしビールにもぴったりです。小さめに作ってピックを刺してパーティメニューにも。



チャイニーズ風から揚げの作り方


材料:約4人分

・骨なしとりモモ肉ぶつ切り(2lb弱 750g)
▽漬けダレ
┣日本酒(なければ白ワイン)(大さじ1)
┣しょうがのすりおろし(大さじ1)
┣にんにくのすりおろし(小さじ1)
┣しょうゆ(大さじ5)
┣ブラウンシュガー(三温糖)(大さじ4~5)
┣卵(1個)
┣ごま油(大さじ1)
┣味の素(ひとふり)
┗黒こしょう(ひとふり)
・小麦粉:片栗粉(3:1の割合で衣にする)
※100g:30gくらい(USカップ1:カップ1/3)
※Allpoupse flourだけでもいいです。
※Self-rising flour しかないときは、粉に塩気が入っているのでしょうゆの量を減らしてください。
・揚げ油


作り方

  1. 鶏肉は食べやすいようにひと口大に切る。ボウルに鶏肉、漬けダレ入れ、汁気がなくなるまでよくもみ込む。急いでいる時は、フォークで刺しながらもみ込むと5分ほどでしっかり味がつきますよ。タレが濃いので。

  2. 揚げ鍋(またはフライパン)に5cmくらいの高さまで油を入れ、低温(160℃=365F)に熱する。揚げる直前に、ビニール袋に小麦粉+片栗粉ミックスを入れ、鶏肉によくもみ込み、熱した油へ手早く入れる。
    卵が入っているので、粉が少ないと柔らかい衣になります。
    水分の多い衣は、油が汚れにくくて便利ですが、片栗粉が入っているのでべったり揚がってしまうことがあります。多少粉っぽいさも見えるくらいがベストです。

  3. 中火~ちょっと強いくらいで、上下を返しながら3~4分揚げ、強火にし、外側がカリッとするまで1分ほど揚げます。最初はあまり箸でつつき回さないほうがいいです。油の表面でよく油きりをし、キッチンペーパーに一度おいて金網に上げます。

  4. アツアツは最高ですが、味がついているので冷えてもOK!





このレシピはしょうゆもブラウンシュガーも多めに入っているので、揚げるときに気をつけないとすぐ焦げててしまうので、揚げているときはよく観察しながら揚げましょう。
中まで火が通ったかどうかは、菜ばしで持ち上げてみて指にブクブク(ジンジン?)と振動が伝われば、お肉の中が煮えているということです。

この分量は、すぐ味がつくように濃い目に計っているので、オーバーナイトで下味をつける時は、しょうゆと砂糖を大さじ1づつ減らすといいです







コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。