シチリアン直伝♪シチリアンミートボール


カリフォルニアでおとなりに住んでいたシカゴ在住のシチリアンファミリーに育った奥さんから教えてもらった彼女のお母さんの味のミートボールです。
すごく簡単なのにとても美味しくて、つい食べ過ぎちゃうのが難点(笑)大勢でのパーティに!

LINEで送る


シチリアンミートボールの材料と作り方


材料:
・牛挽肉1パウンド(500g)
・イタリアンソーセージ
・玉ねぎのみじんぎり1/3カップ(日本1/2カップ)
・ニンニクのみじんぎり2かけ分
・ドライバジル小さじ2
・イタリアン・ブレッドクラム大さじ2※
・黒コショウ小さじ1/2
・ビーフキューブ(固形スープ)2個※
・トマトペースト(6オンス缶)1缶(170g)
・スパゲティ(フェトチネ Fettochini)人数分

※ソーセージは生のソーセージで1パック532g入り。日本でも人気のジョンソンビルを使っています。イタリアンソーセージがない時は、豚ひき肉500gにイタリアンハーブミックスを大さじ1ほどと、塩小さじ1を混ぜてコネコネしましょう。
※Italian Bread Clumb(イタリアン・ブレッド・クラム)イタリアンシーズニング味のパン粉です。なければ普通のパン粉でOK
※ビーフキューブはビーフ味固形スープの素 クノールを使っています


作り方
1.イタリアンソーセージの皮をはいで中身を取り出し、牛挽肉と混ぜ合わせます。



2.イタリアンブレッドクラムも加えよく混ぜ、直径3cmほどのミートボールを作ります。イタリアンミートボールって大きいんです。ていねいに丸める必要はありません。ラフに凸凹している程度でいいですよ。つるんと丸い方が好きな方は、糸を引くくらいまで混ぜてから丸めてください。(夏場にひき肉を長い時間こねるのは、傷めてしまうのであまりおすすめしません。)






3.大き目のマグカップいっぱいに熱湯をそそぎ、ビーフキューブを入れて溶かしておきます。




4.深さのあるフライパンや鍋にオリーブオイルを大さじ2温め、ミートボールを炒めます。




5.一通り火が通ったら溶かしたスープとバジル、にんにく、たまねぎ、トマトペーストを一気にいれ、10分ほど中火で煮込みます。この時フタをしないと、あちらこちらにトマトソースが飛び散るのでご注意を!






6.10分ほどするとトロッとしたソースになります。これで出来上がり!




7.おろしたパルメザンチーズとパセリのみじんぎりをふって出来上がり。

こんなに簡単なのに、本当に美味しいです!大皿に盛って取り分けながらいただきましょう。シーザースサラダとガーリックトースト、赤ワインでイタリアンブランチをどうぞ!
みんなで取り分けるのがイタリアンらしいかな~と思って、私はわざわざイタリア製の大皿を購入しました。何事もカタチからが信条なのでwww

では ボン・アペティート!


※このレシピはシチリアン・ファミリーのレシピそのままなので、ひき肉からかなりの油が出ます。そのソースを絡めていただくのが美味しいところなのですが、カロリーはものすごいと思います。お肉からでた脂が気になる場合は、オリーブオイルなしでミートボールを炒め、ひき肉から出た油をスポーンなどで取り除いてしまってもいいでしょう。その場合かなりサッパリになります。油分が少なめの分、麺に絡みにくくなるので、エキストラバージンオイルを大さじ2~3ほど足すとちょうどいいです。

※アメリカン・イタリアンの方のレシピそのままなので、かなりしっかりした塩味です。薄口好みの人にはちょっと塩っ辛いかもしれません。その場合は、固形スープを1個にしてみましょう。

※野菜が欲しいときは、ズッキーニのオリーブオイル炒めを添えると美味しいです。

※かなりこってりしたソースなので、パスタは「フェットチニ」か「リングイネ」がよく合います。






このレシピはアメリカに住んで初めて人から教えてもらった記念すべきメニューですw
当時カリフォルニアの砂漠地帯に住んでいたときのお隣さんだった、とても感じのよいイタリア人の奥さんに教えてもらいました。
彼女のおうちに呼ばれて食べたのは、ゴートチーズをこれでもかとふんだんに使ったラザニアと、彼女の出身地であるシチリア風のミートボールです。
世の中にこんなに美味しい肉団子があったの!?」とあまりの美味しさにびっくりしたのをおぼえてます。
彼女が教えてくれたレシピはかなり塩分が強かったので、自分で食べるときは塩気を半分くらいに減らしています。オリジナルで食べると美味しいんだけど、一日中水を飲むことになるのでww
それにしてもニューヨークに帰った彼女たち、元気にしているのかしら。
今は連絡を取るすべもなく、このミートボールを作るたびに彼女のステキな笑顔を思い出します。


LINEで送る




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|