コラム:お義母さん!そんなにお砂糖必要ですか!?

お義母さん宅にキャロットケーキを習いに行った



↑とっても素朴なキャロットケーキ これがクセものだったw


ある日のことお義母さんから「今日キャロットケーキを作るけど、いっしょに作る?」とおさそいの電話が入りました。
アメリカの手作りケーキを作るところを見たことがないので、
二つ返事でいそいそと出かけて小一時間離れた彼女のおうちへ。

なかなか几帳面な方なので、私がついたときにはもうちゃんと材料がセットしてあり、後ははじめるだけになっていました。

かなり使い古したスタンドミキサーをスイッチオンにし、
卵、小麦粉、にんじんのすりおろしたの、塩などなど入れていき、あっという間にスポンジの生地が完成です。

私はスタンドミキサーを持っていないので、
あんなに簡単にできるのかととっても感動!

キッチンエイドのスタンドミキサーなら、アタッチメントをつければひき肉だって、麺だってにゅるにゅる出してくれるって聞いたので、これは買わねばと心に決めました。すごい便利そう。

お義母さんは、慣れた手つきで方に流し込むと暖めていたオーブンにホイと置いて、「さぁ、次はフィリングとガーニッシュねー。」とにっこりしました。

まさかの~!一台のケーキに使う砂糖は○○○g!


実は私は甘いものが苦手です。
夫の家族はそれを知っていて、私にわざと甘いものを勧めては「キャーッ!」と逃げる私を見て楽しむという、なかなかSなファミリーです(笑)

なので彼女がにっこり微笑んだのには意味があったのです。

「キャロットケーキにはね、表面にたっぷりコーティングをするのよ~、
材料はこれよ~」と見せてくれたのは5パウンド(約2.5kg)入りのお砂糖の袋。

それをこともあろうに、彼女は一袋ぜ~んぶ、スタンドミキサーに放り込んだのです!

なんということでしょう~

彼女が作っているたった一台のキャロットケーキには、
なんと2.5kgもの砂糖が使われているんです(笑)

ぐるぐる、ぐるぐる、スタンドミキサーの中ではお砂糖がじゃりじゃりと混ざりながらバターといっしょに混ざっています。
いつまでたっても飽和しません(笑)

それを冷まして3枚に切ったスポンジに豪快にはさみ、
残りはこれでもか~っとケーキの上からかけだしました・・・

かくして、写真のようなキャロットケーキが出来上がったわけですが、
よーく見るとわかるように、砂糖は溶け切っていません!www


甘いのは苦手ですが、こんな面白いもの味見をしない訳にはいかないので、
おそるおそる口に運んでみると・・・

じゃりじゃり・・・甘いぃぃぃぃぃっ!!!


当たり前ですが、想像を絶する甘さです(笑)

恐ろしいのは、ガーニッシュだけでなくなんとスポンジまで激アマ!


「お義母さん、これ甘すぎるでしょ!笑」

彼女は楽しそうに笑っています。
きっと私のツッコミが聞きたかったんでしょう。

なんと愉快なお義母さん、

次はどんな激甘スウィーツを作ってくれるか楽しみにしながら
家路に着いた私なのでした。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。