MawMawの味!一から作る定番マカロニ&チーズ Macoroni&Cheese


南部出身で今も在住しているお義母さんのマカロニ&チーズレシピです。トロトロのチーズソースを絡めたのではなく、焼く直前に下したチェダーチーズと牛乳をドバーッと流し入れ、しっかり焼き上げるのがお義母さん流。クリーム系よりも口当たりが軽く、日本人のパーティにも喜ばれるメニューです。チーズの量に決まりはないのでお好みでどうぞ。

マカロニ&チーズの材料と作り方


材料13×9インチのベーキング皿 6~8人分
・マカロニElbow macaroni カップ2(茹でザルにあけておく)
 アメリカサイズなので日本では2.5カップ
・バター 大さじ6(皿に塗るのは別)
・薄力粉all-purpose flour カップ1/3(日本サイズでは1/2カップ位)
・塩 小さじ1強・黒コショウ 小さじ1/4
・2%ミルク低脂肪乳 約1200ccほど 
・シャープ・チェダーチーズおろしたもの 1パウンド(約500g)





作り方

  1. マカロニを表示通りにゆで上げ、オーブンを380F(200℃)に温めておく。

  2. 小鍋を中火にかけ、バター、塩、コショウを入れ、バターが溶けたら小麦粉を入れて粉気がなくなるまでしっかり炒める。






  3. おろしたチェダーチーズをひとつかみ入れて軽く混ぜて溶かします。




  4. あらかじめ沸騰前まで温めておいた牛乳を3/4カップほど、少量ずつ入れてよくかき混ぜて、トロトロにします。スパチュラでやりにくい時は泡だて器を使うと早いですよ。




  5. おろしたチェダーチーズをひとつかみさらに入れて混ぜて、チーズソースを作ります。




  6. ベーキング皿にバターを塗り、そこに茹でたマカロニを敷き詰め、チーズソースをまんべんなくかけます。さらに残りの牛乳を冷たいまま流し込みます。




  7. 残りの半分の量のおろしたチーズをいっしょに混ぜ込みます。スパチュラでかき混ぜ、チーズがまんべんなく混ざるようにしましょう。




  8. マカロニの茹で加減によって牛乳の量は左右されますので、目安として写真のように、マカロニがひたひたにつかるくらいです。




  9. 残りチーズを表面にまんべんなく乗せます。かたまりがあっても気にしなくていいですが、両端まで乗せておいた方が焼きあがった時にきれいです。




  10. 385°F(200℃)のオーブンで約40分、両はしがブクブクしておいしそうな茶色い焼き目が付いたら出来上がり。





焼きあがりはこんな感じ♪
30分ほどおいて落ち着かせて、いただきまーす♪



アツアツも美味しいですけど、しばらく置いて温度を下げてからの方がチーズの香りもよく食べやすいですよ♪乳製品と炭水化物だけでは栄養が偏ってしまうので、わが家では茹でたブロッコリーを付け合せにしています。



アメリカ料理の定番中の定番、大人から子供まで大好きなマカロニ&チーズ! このレシピはお義母さんと夫のおばあちゃんのレシピをアレンジしたもので、現地の人にもとっても好評なんです。

日本で言うカップめんくらい身近なメニューでインスタントもいろいろ出ていますが、やっぱりチーズを下ろすところから作ると美味しさが違います。こんがり焼き上げたシャープチェダーチーズのソースが、マカロニにからんでチーズ好きにはたまりません♪

冷凍もOK。わが家ではたくさん作ってブロックに切り、ゴハンの支度ができないときなどの非常食として冷凍庫にストックしています。食べるときはレンジでチンすれば美味しく食べられます。

チーズは日本のコストコでも手に入ります!シャープチェダーチーズがなければチェダーチーズでも十分美味しいですので、手に入る方で作ってみてくださいね。

シャープチェダーチーズは通販でも買えます。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。